鑑別書について

ラリマー鑑別書について

ラリマーの正式な鉱物名はペクトライトですので、鑑別書には鉱物名(ペクトライト)が表示されます。

鑑別書と鑑定書の違いを説明します。鑑定書とは石の種類及び品質等を表記し、証明するものです。

鑑定書はダイヤモンドのみ作成されています。それに基づいて価格も決められています。(価格は国や仕入れた会社によって異なります)

その他の宝石ははっきりとした基準がなく、その人の主観で評価で変わるので、鑑定はできません。

鑑別書は検査石の種類と天然石であるという鑑別結果を証明するものです。

染色などの人工的処理が施されているものは必ずその処理の内容を表記されます。

天然石でもいろんな処理がしてあるのではと心配されている方もおられますが、もし人工処理がある場合は

鑑別書には必ず処理内容が表記されるので安心ください。

 

 

 

店舗の紹介お問い合わせ